しびれ(痺れ)について

当クリニックにおいても、多くの方が「しびれ(痺れ)」を訴えて来院されます。

     

ただし、しびれという言葉は、いろいろな意味で使われています。たとえば、「触った感覚がにぶい」、「冷たさや熱さがが感じにくい」などの感覚鈍麻を意味することもあれば、「ジンジンする、ピリピリする」などの異常感覚を意味することもあります。
また、「手足に力が入りにくい」、「動きが悪い」などの運動麻痺 (脱力) をしびれとして表現されることもあります。このようにしびれの内容は実に多彩であり、また、しびれを引き起こす原因も脳の病気、脊髄の病気、手足の末梢神経の病気などいろいろな病気が挙げられます。

   

しびれの原因となる病気
しびれは、感覚の経路 (感覚受容器・皮膚の表面~末梢神経~脊髄~大脳)のいずれかに障害がおきると出現します。

    
表1は、障害部位によって分類したしびれの原因となる主な代表的な病気です。

 

       
脳梗塞や脳出血などの脳血管障害によるしびれは、急に出現した片側性の症状であることが多いです。感覚障害に筋力低下を伴うことが多いのですが、感覚障害が唯一の症状であることもあります。口の周りと片側の手がしびれる場合なども脳血管障害の可能性があるので注意しましょう。

脊椎に異常があって、首 (頚椎) や腰 (腰椎) の神経を圧迫することによって生じるしびれは、慢性的なしびれで最も多い原因の一つです。この場合は、発症の日時が不明であったり、症状の変動があったり、ある一定の領域 (脊髄神経根であれば皮膚分節) に限局してしびれを認めます。

また、手足の末梢神経の障害によるしびれも日常でよく遭遇するしびれです。末梢神経障害は、一つの末梢神経にのみ障害がみられる場合を単神経障害、非対称性に複数の末梢神経に障害がみられる場合を多発単神経障害、左右対称性でいわゆる手袋靴下型に障害がみられる場合を多発神経障害といいます。


末梢神経の障害だけでもしびれの原因は実に様々です。急な症状の出現ではなくても、しびれの範囲が広がっていく、別の身体の部位にしびれが出現してくる、など慢性の経過でも末梢神経障害をはじめとして様々な病気が隠れている可能性があります。

    
~診察の流れ~
まずは診察にてしびれの性状や分布、随伴する症状などから、おおよそどこが障害されて、症状が出現しているのかを推定します。
その後、脳の病気が疑われる場合には、脳の CT検査、MRI検査などの画像検査を行います。
脊髄や脊椎の病気が疑われる場合には、脊椎のレントゲン写真、CT検査、MRI検査など画像検査を行います。血液検査や髄液検査なども必要に応じて行います。

治療は、しびれを起こす原因に対する治療と症状 (しびれ) に対する治療を行います。内科的な治療で済む場合もあれば、整形外科や脳神経外科などでの手術が必要になる場合もときにあります。
しびれには、重大な病気が隠れていることもありますので、安易に放置しないで、受診してください。

     
出典;日本神経学会資料

青葉台脳神経クリニック